池田晶子の書を読みて

 

池田晶子の書を読んで君は言う

 哲学の命題は人の生=人の死と書かれています。

生きると言うことの意味を考え続けるのが哲学だと…。

 

私が生まれた時備わったものは、私が望んだものでも

選んだものでもありません。

私を取り巻く環境も私が作ったものでもありません

そうしたものが、私という人間の属性を形成していくのでしょう。

そうです、その属性を生きなければならないのです。

  私はその運命を生きなければならないということです。

それは神様の悪戯に付き合うとしか言いようがないことなのです

生きるということはそういうことなのですか?。

 

 

夢の中では生きられない、

夢をみないと生きられない

 

過ぎ去った時は変えようもなく

未来なんて知る由もない

たった今を生きている

この温度と湿度の日々を

この風と日差しの中で

神の悪戯につき合わされ

間抜けな妄想携えて

道ずれのない旅を

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA