さらさらと時は流れて

また 春が来て

 

風と遊ぶ花びらが

ひらりひらりと舞う季節(とき)に

君と僕は5年生

  丘の上の小さな小学校

古い木造校

落書き机が僕の席

窓際での枝がすぐ近く

風に揺れて花吹雪

落書きの線の上が

春になると思い出す

あの遠い日は

記憶から消えようとしている

君の面影とともに

 

きみの髪をつつむように春風はやってくる

かすかな季節の香りをのせて

風そよぎ 散りし桜が 舞いおりて 本読む君の 髪飾りかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA