ふとした微睡

 机に向かってキーボードを打つ指先に

よみがえった遠い日々の顚末を

それとなく飾り立て

 言葉巧みに語ってみたいのだけれど

忍び寄る季節の気配を眺めるだけの

萎えてしまった感情の私には為す術もない

  斜めに差し込む午後の日差しが

矩形の陽だまりをつくり

手持無沙汰な閲覧室が微睡んでいるとき

 硝子窓に映っているくねった机の列が

枠をはみだして初冬の空へと広がっていく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA