通学

誰が植えたのだろうか 

春を告げて咲きそろうその桜

ルビーのような小さな実をつけるのだが

 あらかた小鳥に啄まれてしまう

歩道に落とされた実は

蟻たちが群れて、巣に運んでいく

 やがて緑に包まれた枝には

虫たちが跋扈して

たくさんの穴をあけてしまう

  それでも夏の太陽を浴びて

歩道に伸びた枝は

涼しげな日陰をつくり

 木漏れ日の模様が風に揺れる

秋になれば、あでやかな紅葉もつかの間

道路わきに吹き寄せられて虫たちの隠れ家

   木枯らしが枝を鳴らす頃には

霜に包まれて冬の眠りにつく桜の木

 そして、また春が来て咲く桜を

この道を通った君は 覚えているだろうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA