放課後の閲覧室


あなたひとりの閲覧室に

やわらかな夕日が射し込んで

窓がらすに楡の梢の影模様

やがて窓枠を乗り越え 

 

あなたの肩にまで届いた

でも、本が読み終わらない

夕闇がゆっくりと舞い降り

生徒らの声も途絶え

校庭も静けさに包まれた

それでも

本は読み終わらない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA