白神の森

この街の日常とすれ違うだけの旅人という私

コロナ禍の忍び寄る町並みには緩慢な時が刻まれて

賑わいを失った駅前広場が佇んでいた

路往く人々の肩越しにゆるゆるとした深まりゆく秋の日差しが

長い影を落としていた

この街を離れ、白神の森へと続く道沿いには、たわわな赤いリンゴの枝が連なり

秋の彩りにつつまれて

湖水に映る山並みは錦に飾られ、空は蒼く高い

枯れ葉が、森へといざなう林道に敷きつめられ、谷川の清流にも舞う

黄や紅に化粧された梢の間には、作りかけのジグソーパズルの様に

青空がちりばめられていた

山頂へ登る踏み跡には木の根が重なり、倒木が行く手をさえぎる

汗をふき息を整えて振り返ると

遥かな山々が秋の陽をいっぱいにあびて錦秋の装い

歩みを進める側には、春や夏に咲きほこって花々の面影が

枯れ葉におおわれ眠りについていた

しかし、ブナの森は紅葉の季節の訪れに素知らぬ顔

いまだ夏の装い

淡い黄色に染められたブナの秋は、幻想的な趣で

様々な日常をそぎ落としてくれた

あのブナの森の秋は… 

(まだ少し先のようでした)

望月の宵に

 

表象と言葉のすきまは

心という宇宙

 その迷路の中で私は私でしかない

他者の中に在る私を受容することが

生きるということだから

表現というあやかしをとびこえて

軽やかに時を手繰り寄せる

 私という夢の世界に

月明かりの宵に折鶴は羽ばたく

約束事から解き放たれて

  ひらり、ひらりと

私という四辺形

数歩先さえ言い当てられない予言者の私

  

この世界を語ってみましょうか

可能性という魔法の道具を頼りに

抜き差しならない孤立と

断ち切れない夢の輪郭を

 生きるとは 瞬間を感じるという 

取り返しのつかなさを味わい続けることですから

どんなに思いを込めて綴っても

その ノートは虫食いだらけ

 生命にまとわりつく粘々しさと

妖しさの香る不思議なこの世界は

天真爛漫さを装いながら

語り続けるしかないのだろうか

 思い過ごしの冬から春への溜息は

街角に染み入るように夢散していく

路往きに似て、誰にも伝えられない心模様

ふとした微睡

 机に向かってキーボードを打つ指先に

よみがえった遠い日々の顚末を

それとなく飾り立て

 言葉巧みに語ってみたいのだけれど

忍び寄る季節の気配を眺めるだけの

萎えてしまった感情の私には為す術もない

  斜めに差し込む午後の日差しが

矩形の陽だまりをつくり

手持無沙汰な閲覧室が微睡んでいるとき

 硝子窓に映っているくねった机の列が

枠をはみだして初冬の空へと広がっていく

白神の山路

夏の名残の枝先に

 秋はひそかにやってきた

兆しは風に乗り

梢から梢へと染めていく

 ぶなの森に風が鳴り

空が小さく揺れている

落ち葉が転げる山路を

踏みしめる今という時

  ふと振り返る、君の気配に

あるわけもないのに

君は今

 視ようとしないと何も見えなくて、

見えている世界は辻褄が合わなくて

戸惑いと理由のない苛立ち

けれども君は………。

語れない思いに心は揺れて

筋道の無い世界への困惑

求めるものは何時も間尺に合わなくて

けれども君は………。

誰かが語ったその言葉よそよそしくて

誰かが歌ったその思いちょっとずれていて

誰かの笑顔が悔しくてうらやましくて

けれども君も、  私も生きているこの世界に