まるい午後

 

ざわめきの去った閲覧室

ソファーでうたた寝をしている、

  忘れられたペンケース

ガラス越しの空は

校舎の壁に幾何学模様に切り取られ

その前を綿雲がのろのろと通り過ぎていく

 放課後の校舎は声をひそめ

だんだんと澱んでいく時が

切れ切れに積み重なって

ふぅっと心が浮かび上がりそうになり

      グラビアのインクの囁きだけが部屋に満ちていく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA