あきあかね

 

君たちの残したざわめきの余韻に

書架の溜息がここかしこ

積まれた本に、カウンターも不機嫌そう

ふと配架の手を止めて、

窓の外には秋茜

屋上の手すりの向こうに、雲が白い列をなし

東京のノッポのビルが、墨色の棒グラフ

教室のすりガラスに浮かぶ影法師

うなずき合うふたつみつ

体育館の時折聞こえる歓声は

グランド超えて街角に消えていく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA