放課後

 

いつものように、廊下の窓辺から

あなたはフルートを奏でる

深まりゆく秋の空へ

その音色はドアをすり抜けて

書架の間をハミングしていく

不揃いの背表紙に語りかけるように

長い日差しはベランダの手すりを越え

橙色の木漏れ日模様がゆらめいて

書架の間に重なり合う小さな陽だまり

時計の針はのんびりと時を刻んでいる

閲覧室の午後3時過ぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA