あめ

 梅雨空の下 薄墨色の校舎に 

 雨音だけが染み入って

風と語る窓枠の繰り言に

廊下のポスター達は素知らぬ顔

  あなたの去った司書室は

 時間が歩みを止めて

 作業机の上には、重くも

軽くもない仕事が重ねられている

 閲覧室の窓には東京のシルエットが飾られ

ノッポのビルが雨に溶けそうな夕暮れ近く

 垂れ込めた雨雲の重さに

 高圧線が顔をしかめている

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA