舞姫

 

  あなたは、美しく、美しくなった

   仄暗い心の回廊に灯をともすため

生きるということの輝きが欲しかった

     少女という時に

 

 夢の輪郭はとてもおぼろげなのに

その表情は

艶やかな彩にあふれている

万華鏡をのぞいた時のように

 

  めくるめく時の流れのなかで

 ふと足を止めて振り返ってみると

衣擦れと残り香の佇まいが

 セピア色にたたまれている

 

  人の世は包みようのない

不思議な形をしていて

人の心は忽ちに移ろい

解けない暗号が散りばめられている

 

 季節を重ねて紡いだ糸を

心を込めて織り上げても

思い通りの模様は浮かばない

 

  あなたは

「孤独」と云う同伴者に誘われながらも

あなたのために、

あなたとして、明日を描いていく

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA