数歩先さえ言い当てられない予言者の私

  

この世界を語ってみましょうか

可能性という魔法の道具を頼りに

抜き差しならない孤立と

断ち切れない夢の輪郭を

 生きるとは 瞬間を感じるという 

取り返しのつかなさを味わい続けることですから

どんなに思いを込めて綴っても

その ノートは虫食いだらけ

 生命にまとわりつく粘々しさと

妖しさの香る不思議なこの世界は

天真爛漫さを装いながら

語り続けるしかないのだろうか

 思い過ごしの冬から春への溜息は

街角に染み入るように夢散していく

路往きに似て、誰にも伝えられない心模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA