白神の森

この街の日常とすれ違うだけの旅人という私

コロナ禍の忍び寄る町並みには緩慢な時が刻まれて

賑わいを失った駅前広場が佇んでいた

路往く人々の肩越しにゆるゆるとした深まりゆく秋の日差しが

長い影を落としていた

この街を離れ、白神の森へと続く道沿いには、たわわな赤いリンゴの枝が連なり

秋の彩りにつつまれて

湖水に映る山並みは錦に飾られ、空は蒼く高い

枯れ葉が、森へといざなう林道に敷きつめられ、谷川の清流にも舞う

黄や紅に化粧された梢の間には、作りかけのジグソーパズルの様に

青空がちりばめられていた

山頂へ登る踏み跡には木の根が重なり、倒木が行く手をさえぎる

汗をふき息を整えて振り返ると

遥かな山々が秋の陽をいっぱいにあびて錦秋の装い

歩みを進める側には、春や夏に咲きほこって花々の面影が

枯れ葉におおわれ眠りについていた

しかし、ブナの森は紅葉の季節の訪れに素知らぬ顔

いまだ夏の装い

淡い黄色に染められたブナの秋は、幻想的な趣で

様々な日常をそぎ落としてくれた

あのブナの森の秋は… 

(まだ少し先のようでした)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA