まぼろし

気がつけば あなたと私は

輪郭だけが跋扈する舞台に立たされていた

交差する感覚の影として映されるこの世界

途方もない抽象と組み立てなのです

 描写できないあなたがいて

ぬくもりを伝えられない私がいる

理解がおよばないあなたと

表象不可能な私がいる

 伝えるすべもなく とわに届かない思いの羅列

分かり切った結論を 素知らぬ顔をして

演じて見せるだけ

その脚本のト書きにしか現れない

あなたと私の一部始終の物語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA