世界

夢のような世界とあなたは言うけれど

夢ではない世界があるのでしょうか

遠い日の思い出は日記に綴られたインクのにじみ

心に留めたはずの大切な記憶も

やがて歳月の流れに溶けこんでしまう

私たちが視た瞬間だけ表情を創る世界

そんな世界に私たちは生きているのですから

思い出されることさえなく消えていった

所作や振る舞いに生きているのですから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA