つぶやき

「意味が必要なんだ」とつぶやいた

君のまなざしに

そっぽを向いたその書架は

願いも企みも透明にしてしまうのです

 今という境遇にまとわりつかれて

未来なんて都合の良いフレーズに逃げ込んでも

図書室の窓辺には溜息が積もっています

 窓の外、雨の路地裏では

愛も真理も水溜りになって

安堵と倦怠はフラワーポットの雫です

どうにもならないことだらけの朝

  前後三メートルの君の世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA